節約のための財布

節約のための財布

節約のための財布

節約のために財布が本当に重要なのですよ。お買い物の財布を決めておき、予め予算を入れておくのです。うちの場合は、今息子がいないので、母と主人の三人暮らし。お米はお母さんが買ってきてくれますから、後はおかずや日用品を買う、ということになります。

日用品は、シャンプーやボディシャンプー、ムースといったものになりますので、たまに量販店にいってまとめ買いをします。食費は、食費のお買い物財布に5万円を入れておきます。

大人3人。5万円の食費で、あまるくらい、つまり翌月に回すことが出来るくらいの十分な食費となりますよ。これだけしか我が家にはお金がない、というつもりでいれば、しっかりこの金額で食費をまかなうことが出来ます。

お肉やお魚はあまり古いものを食べたくないな、と思うので、乾物系はたくさん取り揃えているのですよ。何かのときに本当に役に立ちます。それから、缶詰類ですね。非常食にもなるし、おつまみなどを作るときにも、アイデア次第で、しっかりした一品が出来ます。

お子さんがいるとそうはいかないな、と思いますが、お子さんが保育園などに行っている場合は、極力、一緒に買い物をしない、というのが、コツ。お子さんが一緒に行くと、結局お菓子やジュースなど買う予定のなったものを購入することになりますから。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional